免疫サプリメントの効果と実話

KARAもお勧めのホンチョ[紅酢]の効果とは

by admin on 9 月.05, 2011, under 免疫系のお話

大象(デサン)ジャパンから、KARAモデルのホンチョ「紅酢」が登場!気になる効果は?!

本場韓国売上シェアNO.1飲む果実酢です! 本場韓国で30億円販売の急成長ヒット商品!韓国国民の約5人に1人に飲まれている美味しい果実酢です。

紅酢は韓国では2005年7月から発売され、韓国の酢市場で常に売り上げナンバーワンを守り続けている。飲用酢分野では70.8%のシェアを誇り、韓国では約5人に1人が飲んでいるといわれるヒット商品だ(下の表1)。売れた一番の理由は、飲みやすい味にある。大象は1956年に旨味調味料「味元(ミウォン)」の製造販売からスタートし、コチジャンなどの伝統発酵食品を中心にいくつものブランドを持つ食品メーカー。同社が旨味調味料で培ったノウハウと韓国伝統の発酵技術を生かして完成させたのが紅酢なのだという。

ブレイクのきっかけとなったのは、「韓国ではダイエット食品として、マイクロダイエットのような売れ方をしている」という噂を聞きつけたダイエット専門誌「FYTTE(フィッテ)」が紹介したこと。また飲みやすさを知ってもらうための試飲イベントやサンプリングを繰り返したところ、バイヤーの間で「飲みやすい」「続けやすい」という声が多く上がるようになった。そこで某チェーンストアのバイヤーが全店で陳列台を置いてプッシュしたところ、突如ブレイク。1カ月で最高360本売れる店舗もあったという。その実績が認められ、次々と大手量販店で採用が決定。現在は50社の企業で採用され、今期末には200社に拡大の予定だ。7月には1万ケースを販売(1億2800万円の売り上げ)し、販売店が増加する8月には3万ケース、9月には4万ケースの出荷を予定している。

ホンチョ「紅酢」の気になる効果はというと・・・

紅酢はダイエット効果があると言われるお酢に加え消化作用をサポートするオリゴ糖・食物繊維入りで便秘解消効果もあるそうです。

更にアミノ酸を摂取して、さらに運動をすると、脂肪の燃焼効率がアップします。これによってお酢のダイエット効果が期待できるわけです。また、ざくろには女性ホルモンのエストロゲンが含まれ、皮膚の老化を予防するからキレイに痩せられるとのこと。

–PR–ホンチョ~韓国で人気のざくろ 飲むお酢の通販はこちら^▽^人気アーティスト:KARAもお勧めしてます♪

2 Comments :, more...

更年期障害の改善にローヤルゼリー!

by admin on 8 月.25, 2011, under 免疫力を高める食品類

–辛い更年期障害–

更年期とは、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまでの時期を指します。具体的には、閉経をはさんでその前後10年ぐらいの期間を指しています。今、日本女性の平均的な閉経年齢は、51歳ぐらいですから、40代半ばから50代半ばまでの期間が、更年期にあたりますが、これには個人差も大きく、人によっては30代後半から卵巣の機能が衰えはじめ、更年期障害のような症状になる人もいます。

更年期障害の症状としては

更年期障害の症状は、非常に多岐にわたるのが特徴です。自律神経の働きが乱れて起こるのがホット・フラッシュ、いわゆるのぼせと発汗です。

上半身が暑くなり、発汗します。手足の冷えや耳鳴りなども多い症状です。また 、頭痛、肩こり、腰痛、疲労倦怠感、トイレが近い、腟や尿道がヒリヒリする、性交痛なども多い症状です。そしてイライラしたり何でもクヨクヨ考え込んでしまう、気分が落ち込んで鬱になるといった精神症状も更年期に現れやすい症状です。

そんな更年期障害の改善に:ローヤルゼリー サプリメントです!

ローヤルゼリーに含まれているアセチルコリンという成分が自律神経のバランスを整える作用がるのだそう。ローヤルゼリーを摂ることで、ホルモン変化が緩やかになり、更年期の辛い症状が和らぐ健康効果が期待できるのです。年齢に伴って現れる症状をローヤルゼリーで改善していきましょう。

ローヤルゼリー サプリメントの通販はこちらをクリック♪

1 Comment : more...

タヒボの免疫効果&NFDについて

by admin on 8 月.10, 2011, under 免疫系のお話

–タヒボについて–

タヒボは、南米アマゾン河流域に自生する樹木です。古代インカ帝国のインディオたちは、タヒボの内部樹皮を煎じ、健康の源として愛飲したといわれています。また、ビタミンB6、B12、イノシトール、ナイアシン、パントテン酸などのビタミン群も豊富に含まれていますし、体を構成するうえで欠かすことのできないミネラル、タンパク質、食物繊維、糖質などの成分を豊富に、しかもバランスよく含んでいます

–タヒボの効果~100%の保障を示すものではありません。–

タヒボには抗がん効果があることが確認されています。抗がん特許成分が含まれており、末期がんにおいても医学的に効果があるようです。

他にも・・・

・抗がん効果

・免疫力を高める効果

・利尿効果

・止血や抗炎効果

等の健康効果もあるといわれています。問題となる副作用は報告されていないようですが、タヒボを摂取する場合は、過剰になりすぎないように注意したほうがよろしいでしょう。他の薬や通院中の方は、医師に相談のうえ、指示をうけて摂取するようにしましょう。

–タヒボ~NFDという有用成分について–

「NFD」とは、植物色素の一種京都大学薬学部助教授であった上田伸一博士(故人)らの研究グループは、ブラジル・サンパウロ大学名誉教授のアコーシ博士(故人)から提供されたタヒボ(タベブイア・アベラネダエ)樹皮の中に、キノンと呼ばれる植物色素成分が存在することに着目。多種ある色素成分をひとつひとつ分画していき、ナフトキノン類の中から有用性の高い有機化合物を抽出・単離し、その化学構造を決定しました。後に、この有機化合物はタヒボジャパン社と研究者らによって「NFD」と命名され、人の健康維持に優れた働きをする有用成分であることが化学的に確認されました。

タヒボの外皮と木質部に挟まれたわずか7mmほどの内部樹皮(靱皮部)にしか含まれません。しかも樹齢30年未満のものには「NFD」があまり含有されないことが、アコーシ博士と上田博士らの共同研究からわかっています。

タヒボの通販はこちらタヒボの中で最も人気の商品は:タヒボの精 OSKです。激安で最安値の通販はこちら!

1 Comment : more...

ケイ素の効果と動脈硬化の予防方法

by admin on 2 月.22, 2011, under 免疫系のお話

ケイ素で老化防止・シワ防止!

ケイ素(シリカ)は、鉄分や亜鉛に比べるとあまり知られていないミネラルですが、爪や髪の毛の健康を保つミネラルとして重要な働きをしています。肌のハリを保つコラーゲンを束ねる働きもあり、シミ・シワの予防・改善に役立つ栄養素といわれています。皮膚の真皮層の70%を構成するといわれるコラーゲンは、細胞と細胞をつなげるセメントのような役割をしていますが、このコラーゲンを生成し、強力に束ねてお肌のハリを保ってくれるのがケイ素(シリカ)です。加齢とともに減っていくコラーゲンですが、ケイ素(シリカ)にはコラーゲンを再生してくれる働きもあるので、老化防止・シワ防止に役立つといわれています。

→ケイ素サプリ『濃縮溶液』を激安で通販する

ケイ素で動脈硬化を予防?!

ケイ素を取ると、すぐ血液がサラサラになってきます。血液がサラサラになることで流れがよくなり、動脈硬化の原因となるコレステロールの血管への付着を防ぐのです。また、血管の弾力性を保つ働きもあるので血管はいつも健康に保たれます。動脈硬化の患者さんは血管に含まれるケイ素の量が非常に少ないという結果もあります。血管が健康であれば身体も健康といわれる位、血管の状態って大切なんです。いつも血管を健康に保つ働きをするのがケイ素なんです。

→ケイ素サプリ『濃縮溶液』を激安で通販する

2 Comments : more...

サメ軟骨の免疫効果と気仙沼産

by admin on 12 月.21, 2010, under 免疫食品、サメ類

■サメエキスの効果と気仙沼産のサメ

サメ軟骨が関節痛 に効果的であることが解明されています。

主に・・

○関節痛・腰痛

○リウマチ

○悪性腫瘍(ガン)

○美容・強精

○骨粗しょう症

○前立腺肥大

○肝炎

○難聴

に効果があったとネット上のクチコミを見て分かりました。

PR=サメ軟骨 激安

またこんな記事も・・

がん治療薬として数多くの血管新生阻害剤が開発されていますが、健康食品の中で血管新生阻害成分が含まれるものとして「サメ軟骨」があります。初期のころの研究では、がんの通常療法で効果のなかった末期がん患者を対象に有効性が報告され、がん治療後の再発を予防する効果も期待されていました。

このような記事を見ても、サメ軟骨の効果が期待出来ますね!

■気仙沼産のサメ軟骨

宮城県北部に位置する気仙沼港は、全国のサメの水揚げ9割を占めサメの加工が盛んに行われています。ふかひれはサメのヒレをさらして干した白色のまたは黄色の半透明状の食品のことです、高級中国料理の材料として知られています、フカヒレスープやフカヒレ姿煮として、手軽に料理できるように加工されています、これらを利用して作られるふかひれラーメンやふかひれ寿しは気仙沼の味としても全国的に知られています。不老長寿、百薬の源と称されたふかひれの香味をお楽しみください。

このような気仙沼産のサメ軟骨にお勧めの商品があります。それが・・パーフェクトシャーク 楽天 パーフェクトシャーク 激安

Leave a Comment : more...

お酢の免疫力。

by admin on 3 月.13, 2010, under 免疫系のお話

お酢と免疫効果

お酢酢は、疲労のモトであり、血液を酸性に傾ける乳酸を燃焼分解する 。酢は、生命を守る副腎皮質ホルモンの生成に役立つ。

酢の主成分は酢酸ですが、それ以外にクエン酸、リンゴ酸、コハク酸や、アミノ酸など 60種類以上の有機酸が含まれています。こうした成分が、クエン酸回路
を活発にして、代謝が活発になり、疲労や体調不良を改善します。そのほかにも・・・

・消化吸収を良くする

・乳酸を処理する、血管壁の沈着物を体外へ排出する作用

・免疫力の向上

・ビタミンCの安定吸収効果がある。

・カルシウムの溶解作用をもち容易に摂取することが出来る

・緊張を緩和し、ストレスを和らげる作用を持つ

・ほかの食品の栄養素の破壊を防いだり、体内での消化吸収率をあげる

・硬い肉の軟化作用

・魚の臭みをとる・たんぱく質の凝固作用

などの様々な健康効果があります。

Leave a Comment : more...

効果・効能について

by admin on 9 月.10, 2009, under βグルカン・サルノコシカケ類

βグルカンの効果・効能

近年の研究成果により様々な疾患の改善にもかなり有効であることが明らかになっています。アトピー性皮膚炎、慢性皮膚疾患、外耳炎、高脂血症、抗がん効果、など多くの病気に対しての治療に用いられています。特にマクロファージという重要な免疫細胞を活性化させて免疫システムを強化するとの臨床結果もあります。

βグルカンの効能は、コレステロール値を下げたりするといわれています。

エイズやHIV感染患者の免疫組織を刺激し、エイズ患者の寿命を延ばすとも言われています。手術を受けた患者や外傷のある患者の感染を予防するために βグルカンを注射するのも良いといわれています。βグルカンが注目を浴びたのは最近のことです。その安全性は、短期間で摂取する場合は、ほとんどの成人に安全のようですが十分な使用データが得られていないのが実情です。また皮膚へ塗布する場合の安全については不明です。妊娠中や、授乳中の女性は使用できません。

Leave a Comment : more...

ガンに効くというのは本当です。

by admin on 9 月.10, 2009, under βグルカン・サルノコシカケ類

βグルカンとガン

アメリカでもキノコ由来のβ-グルカンが免疫力を活性化させガンと戦う力を強めてくれると、期待されています。2000年には全米最大規模の補完代替医療の学会であるA4Mにおいて、ニューヨーク医科大学の研究チームがこの「D-フラクション」の市販商品に前立腺がんに対する強力なアポトーシス作用が有る事を発見しました。その後の研究ではその他の多くの市販キノコ製品にはアポトーシス作用が確認できなかったとの追加研究も発表されています。同じマイタケ抽出製品である「MD-フラクション」にも確認されなかった事はひとつの驚きでもあります。今後も一般消費者が使用する商品での研究を続けていって欲しいものです。

パン酵母から抽出したベータグルカンの免疫力強化作用。

抗腫瘍作用や抗ガン剤の副作用を抑える作用の有ることが解り、ガンやアレルギー性疾患、糖尿病への高い効果を期待されています。ベータグルカンとは、きのこや酵母などに含まれる多糖類。食べると免疫力が高まる為、がんに効くとして研究が進められている。グルコース(ブドウ糖)が多数、β結合と呼ばれる結合方式で手をつないだ物質。グルコースがα結合したでん粉とことなり、食べても胃腸で分解消化されず、腸にたくさんある免疫担当細胞に働きかける。シイタケやカワラタケから抽出したβグルカンは、癌に有効な免疫力を高める医薬品として日本で実用化されている。

Leave a Comment : more...

βグルカンは吸収出来るの?

by admin on 9 月.10, 2009, under βグルカン・サルノコシカケ類

■βグルカンは吸収できるのか?

人間はβグルカンを分解する酵素を持っていないので消化することができません。βグルカンの分子の大きさを化学的に少し小さくしても、βグルカンの構造が残っている限りは吸収する事はできません。また、腸内の細菌の一部はβグルカンを分解可能ですが、βグルカンを分解するとブドウ糖になってしまいます。

■βグルカンを多く含むサプリメントとは、主に大麦なんです!

食品化学ではβグルカンは食物繊維として扱います。食物繊維としてのβグルカンを多く含む食品としては、麦飯に入れる大麦があります。ビール酵母もβグルカンを多く含んでいます。

Leave a Comment : more...

初めまして。

by admin on 9 月.08, 2009, under 免疫系のお話

■免疫について・・

免疫とは、体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ちかつ能力。また、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つこと。転じて、物事がたび重なるにつれて慣れてしまうこと。を言います。

■なぜ免疫力を高める必要があるのか?

免疫力が強いと、風邪インフルエンザ生活習慣病ガンの予防などにつながります。この免疫力を高めるには、運動、睡眠、ストレスをためないなど生活のしかたが重要で、とりわけ食生活の改善とストレスをためないことが一番なのです。

■効く、効果のあるサプリメントで免疫力をつけましょう。

基本的に、βグルカン・サルノコシカケ類免疫きのこ、免疫力を高めるのに優れるタヒボアミノ酸有機ゲルマニウムなど、比較的に飲みやすいサプリメントもございます。

最も注目の浴びる「サメのサプリメント」も、痛みをやわらげる治癒力や、ガンの治療に効果を示すものとして知られてきたサメ軟骨は医者、学会でも効果を謳う程の優れものです。

※[例]免疫類サプリメント:画像はこちら。
サメの軟骨サプリメントサメの軟骨サプリメント きのこ系のサプリメント    
免疫ヨーグルトのケフィア発酵食品のサプリメント きのこ系のサプリメント    

他にも沢山の免疫系サプリメントがございます。貴方に合うサプリメントをお探し下さい。

Leave a Comment : more...

Looking for something?

Use the form below to search the site:

Still not finding what you're looking for? Drop a comment on a post or contact us so we can take care of it!

Visit our friends!

A few highly recommended friends...