【極】解決しよう-バストアップと黒ずみのケア情報サイト

女性ホルモンの仕組み。

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)の2つがあり、この2つの女性ホルモンをバランスよく正常に機能させることがバストアップするには何よりも重要。
つまり女性ホルモンのバランスを整えながら、効果のあるバストアップの方法を継続する努力をすれば、バストアップ・胸を大きくすることにとついて確実に近づいているということなのです。

女性ホルモンの成長を妨げる・・注意点、エストロゲンとプロゲステロンの仕組み。

・過剰なストレス
・激しすぎる運動
・急激な食事制限などによるダイエット
・睡眠不足
・栄養不足

○ エストロゲンについて。

排卵の準備をするホルモンで、生理の終わりごろから排卵前にかけて分泌が高まり、逆に排卵が終わると減少します。つまり、月経や排卵を起こすホルモンです。善玉コレステロールを増やす、血管を広げて血流を促進させる、太もも、乳房や腰などの皮下脂肪を増やす、コラーゲンの合成を促進し、柔軟な皮膚や艶のある肌の白さを保つなどといった働きがあるといわれています。

○ プロゲステロン

黄体(排卵後の卵胞)から分泌される女性ホルモンのこと。子宮内膜の増殖を促進し、子宮内に受精卵が着床しやすい環境を作る働きがあります。体に水分を溜め込む作用があるので、食欲を低下したり、手や足がむくみやすくなります。人によっては体重の増加などもおこってきます。排卵日後から生理前のむくみやイライラなどは、プロゲステロンが影響しているといわれています、排卵前にエストロゲンが増え、減少した後にプロゲステロンが多く分泌されます。

専門のエステティシャンが考案したバストアップ術

バストアップには「食事」「刺激」「姿勢」の3点が重要だそうです。バストアップに効くレシピや正しいマッサージ方法や、姿勢を正すエクササイズなどで効率的にバストアップできるそうです。

当サイトの管理者よりコメント

はじめまして。私はたくさんの健康関連サイトを管理しており、知識は大したことがないんです・・・が、自分も勉強をしつつ更新に努めたいと思っております。

サイト内更新カテゴリーはこちら

バストアップ・メニュー

スポンサーリンク